世界のバレンタインデー

スポンサーリンク


世界のバレンタインデー

バレンタインデー

日本と世界の違い

日本のバレンタインデーは、女性から男性にチョコレートを贈る習慣が定着していますよね。また、世代を問わず親しまれている盛んなイベントとされています。

 

ここでは、世界各国の人々はどのようにバレンタインデーを過ごすのか、日本とは違う一風変わった習慣の世界のバレンタインデーを紹介します。


アメリカのバレンタインデー

アメリカ

日本とは真逆

アメリカのバレンタインデーは、男性から女性へ贈り物をするのが一般的です。日本とは真逆なんですよ。プレゼントするものは、日本ほど「バレンタイン=チョコレート」という習慣は定着しておらず、花やキャンディーなどのスイーツをはじめ、ぬいぐるみやジュエリーなど、女性が喜ぶものなら何でも選ばれます。

 

アメリカのバレンタインデーはパートナーや恋人と過ごす日として定着しており、友達や職場の人に贈り物をすることはありません。よって、日本で言う「義理チョコ」という習慣自体ないのです。バレンタインデーはパートナーや恋人と、ディナーなどのデートをするのが定番の過ごし方となっています。また、日本のようにホワイトデーは存在せず、お返しすることもありません。


韓国のバレンタインデー

韓国

ブラックデーがある

日本のお隣の国、韓国のバレンタインは、日本と同じく女性から男性へチョコレートをプレゼントする習慣があります。ただ、日本と少し違うのは贈り方です。チョコレートをバスケットにたくさん詰め込んで贈るのが一般的なんです。バレンタインデーが近くなると、街のデパートなどではバスケットが多く売り出されます。

 

またバレンタインのお返しとしてホワイトデーも日本同様にあり、さらに4月14日にはブラックデーという日があり、これはバレンタインデーにもホワイトデーにも縁がなかった人のための日で、慰めの意味でジャージャー麺を食べるというイベントがあります。(謎)


フランスのバレンタインデー

フランスのバレンタインデーは、日本のように友達や会社の人にギフトをする習慣はなく、恋人やパートナーだけに贈り物をします。フランスでバレンタインデーはLa Saint Valentin(ラ・サンヴァロンタン)と云われ、恋人のお祭りの日とされています。また日本のようにチョコレートを贈る習慣は定着しておらず、男性から女性に花束を贈るのが定番となっています。アメリカに近いですね。

 

このように、各国によって習慣や過ごし方は違いますが、年に一度のイベントとして親しまれています。

スポンサーリンク