会社でバレンタインをするときの注意点

会社でバレンタインをするときの注意点

バレンタイン贈る

会社勤めの女性なんかは、バレンタインデーが近くなると、どんなものを贈るか悩んじゃいますよね。ここでは、会社でバレンタインデーに贈り物をするときの注意点を紹介します。

 

まずは、贈り物を選ぶ前に、お勤めの会社の規則を確認しましょう。最近はトラブル防止のために、社員同士の贈り物を禁止している会社があります。

 

バレンタインデーの贈り物が社内的にOKなのかを、上司や先輩などに確認をしましょう。そして、問題がないようであれば、次のようなことに注意すると良いでしょう。

 

贈り物の価格

贈り物の価格は、最初に注意するべきポイントです。あまり高額な贈り物をすると、お返しの際に気を遣わせてしまいます。自分の財布にも優しくありません...。だからと言って、見るからに安価なものは社会人として失礼です。よって、極端な価格のものは避け、一般的な価格帯の贈り物にしましょう。具体的な金額は、その職場によって変動するので何ともいえませんが、もしわからない場合は、職場の人に昨年はどうだったかをリサーチしましょう。

 

贈り物のクオリティー

職場でのバレンタインは複数の人に贈り物をします。ですから、渡す相手によって贈り物の質を変えると、「なんで自分のは安物なんだ」と気分が悪くなる人が出てしまいます。せっかく贈り物をするのに、自分のことを悪く思われてしまうなら、最初から贈り物をしない方がマシです。

 

贈り物のタイミング

せっかく用意したバレンタインギフトですが、職場の仕事に支障が出るような渡し方は止めましょう。例えば、見るからに仕事をしている人に話しかけて、贈り物を渡すようなやり方です。これは、社会人として配慮が足りないばかりか、自分の印象も悪くなります。
渡すタイミングは、お昼時間などの、自分も相手も仕事をしていないときに渡すのがポイントです。また職場の輪を乱さないために、皆がいるオープンな状態で、贈り物を渡すと良いでしょう。


スポンサーリンク